社長ブログ

交通安全週間です

アメブロはこちら!!
↓↓↓
https://ameblo.jp/kamigucci34/entry-12699345869.html

 

(807)

どーも、こんばんは!

 

今日もいい天気でしたね。

夕方に越前市行って

帰り道に見かけたのですが

主要な交差点では指導員の方々が立っていました。

今日から始まった秋の交通安全週間ですね。

 

18時すぎには

うす暗くなるので交通事故の

確率があがります。

 

時間帯的に下校のお子さんが

自転車や歩行で動いている

時間帯ですので、ハンドルを握るわたくしを

はじめ、スタッフ一同安全運転を心がけています。

 

そんな薄暗い、もしくは暗闇で

自動ブレーキ等の安全装置が効くのか?という問題。

 

今、街中で走っている

車を二分すると自動ブレーキが

搭載されているか否かです。

 

その自動ブレーキが

搭載されている車でも夜の歩行者認識の

カメラやレーダーが付き始めたのは

2年~3年前から新車で発売された一部の車種からです。

 

現在はどうなっているか

ということですが、

販売されている新車100%ではないですが

ほぼ夜間の歩行者は認識OKになっています。

 

(*ネットより イメージです)

 

それでも夜間の飛び出しは

防げないとなっています。

(飛び出しはお昼もですが)

 

飛び出しが防げないとすると

これに関しては100%

人間の力に委ねられており

常にしっかり前を見ていないと

急ブレーキがかけられません。

 

急ブレーキ中でもハンドル操作による

回避運動ができるのはABSというアンチロック

・ブレーキ・システムの略でほぼみなさんの車に搭載しています。

 

追突防止の自動ブレーキが

付いていても飛び出しは防げない

というのはご注意ください。

 

現在ほとんどの新車には

簡単にご紹介ですが

 

・追突防止自動ブレーキ

・踏み間違え防止(前進・後進)

・車線はみ出し抑制

・前方発進お知らせ

・標識認識

 

という装置が付いています。

 

ですので、ひと昔前よりは

より安全に運転できますが

あくまで各メーカーさんは

「サポート」としかうたっていませんので

過信せず車を運転しましょう。

 

こんな語っているわたくしですが

自動ブレーキ付いていても

追突事故を過去に

起こしてしまったので・・・。

 

今日も読んでいただきありがとうございました!

また明日!

Page TOP