社長ブログ

昨日につづき、カーエアコンの話

アメブロはこちら!
↓↓↓
https://ameblo.jp/kamigucci34/entry-12601436546.html

 

(329)

どーも、こんばんは!

今日は昨日に引き続き

車のエアコンの話。

お客様からも修理依頼が

増えています。

 

今日も暑かったので

会社の事務所では

今年初、エアコンON!

 

昨日も暑かったですが

まだ6月だし、エアコンまでは・・・

と思っていましたが

 

やっぱりエアコンつけると快適・・・。

外で働いている整備士さんには申し訳ない・・・。

 

そんなエアコン。

車でも必須で、キャンペーンのことは

昨日書かせていただきました。

↓↓↓

6月1日のブログ

 

昨日のブログは主に

エアコンのトラブルの

予防とか改善という内容ですが、

実は完全に壊れてしまうと

やっかいなパーツです。

 

まずエアコンが効かなく

なるのは大きく4種類。

①電気的に壊れる

②エアコンのガスが抜ける

③コンプレッサー単体故障

④上記以外(ベルトやプーリー、電動ファン、ブロア不良)

 

 

①・・・センサー不良よりもリレー系が多い

②・・・部品と部品のつぎめからの漏れが多い

③・・・コンプレッサー本体が壊れると当然涼しくならず・・・。

④・・・ここもいろんな原因があり、コンプレッサー本体ではないけど周りの補器類が災いを及ぼす

 

①と④は比較的安価に修理できることが多く

1~5万円まで

 

②③は高額になる傾向で

10万円~15万円ほど。

 

うちのお客様でも

多いのは②が多いです。

 

高額になる原因として

車のエアコンはこのように

いろんなパーツがパイプでつながれ、

エンジンルームから

室内へと行き来しています。

 

↑↑↑

上の絵のように

5つほど大きく分けた

パーツとパイプ。

 

漏れるのは

この部品の継ぎ目ですが

関連してる部分のパーツも多数あり

部品代がかさむという状況です。

エアコンガスが気体なので、

まずはどこから漏れているか

確認のため、その特定だけでも

工賃が発生し、お見積りをさせていただき、

作業中止の場合5000円+税がかかります。

(修理実行の場合は見積もり無料)

 

よく「エアコンガスだけ入れて!」っていう

要望もありますが、もちろん可能です。

ただ、どこから、どのくらいの

スピードで漏れているか

未知数で、冷えが

2~3か月もてが、ひと夏越えられますが

根本的解決には至りません・・・。

 

早い人だと1か月たたずに

またエアコンが効かなくなり

再度ガス補充か

本格的な修理になります。

 

もう今の車を長く乗らなく

近々違う車に買い替える場合、

ガス補充っていう方法も

有効で、経済的ですね。

 

なにか車のエアコンで

お車のことで

お困りであれば、なんなりと

お申し付けください。

 

ただ、この時期エアコントラブルで

混雑する場合もありますので

ご注意ください!

 

今日も読んでいただきありがとうございました!

また明日!

Page TOP