社長ブログ

2割は緊急性がない話

アメブロはこちら!
↓↓↓
https://ameblo.jp/kamigucci34/entry-12720825353.html

 

(920)

どーも、おはようございます!

 

今日からまた雪が降りそうな福井です。

 

さて、先日1月10日ですが

110という数字の並びから

110番(ひゃくとうばん)の日だったようです。

なるほど~。

 

ニュースで女優・フィギュアスケーターの

本田望結さんがキャンペーンで正しい110番の

使い方みたいな啓蒙活動のために

「1日通信指令室本部長」を体験されていました。

 

(*本田望結さん ネットより)

 

そのニュースで

びっくりしたのが全国の警察で

去年11か月間で約785万件ちかく

110番通報を受けたのですが

なんとその2割が緊急性がなく、

悩み事相談などだったようです・・・。

2割も・・・。

 

そのニュースの中で

例として挙がってたのは

笑ったらいけないですが

・パソコンが調子悪い

・モノが棚の後に落ちて拾えない

・体がかゆい

・変な夢を見た

 

うーん、110番・・・(汗)。

これを受信する指令室の警察官も大変だ・・・。

 

このように無駄な電話?と言っていいと思いますが

2割あるために大事な電話の受信に支障が出るようです。

 

緊急性や事件性が

ない場合や相談事は

「#9110」らしいのでそちらにかけてください、との啓もう活動も。

 

110番ですら

2割も緊急性がない内容でしたら

「#9110」にかかってくる

電話の中身が気になる・・・。

人生相談とかありそう・・・。

 

わたくしの場合、

このニュース見る前に

「警察に電話したほうがいいかな~」って

思ったことがあって、仕事のからみで

21時すぎに自社に来たときに

 

裏通りに不審な県外ナンバーの車が停まってて

気になって自分なりに車の周りウロウロして調べたのですが

ドライバー近くにいないし、

近所の家の人への訪問客かな~?とか

不審者かな~?とか

路上駐車も危ないので一旦警察に言おうかな~って思ったときに、

特に緊急ではないのに

110番でいいのかな~って思ったことはつい最近ありました。

 

結果、どこにも

電話はしなかったですが

このニュースみて

「#9110」でも

よかったのかなって思いました。

 

みなさまも「#9110」を有効活用しましょう!

 

今日も読んでいただきありがとうございました!

また明日!

Page TOP