整備事例

修理

クラッチディスクの交換

整備ご報告!

今日は整備事例のご紹介。

先日トラックのクラッチが滑って、走行ができないという修理案件があり、

当社にて修理させていただきました。

最近はオートマチック(AT)やCVTが普及し、マニュアルミッション(MT)車が非常に少ないです。

それに伴い、クラッチディスク交換作業も珍しい作業の1つです。

↑↑↑

上記赤丸のところにトランスミッションが突き刺さります。

 

↑↑↑

すり減ったクラッチディスクの写真。

 

クラッチディスクは消耗品のため、減った場合は交換です。

クラッチの使い方によっては1週間ももたずに

減ってしまうこともあり、乗り方、扱い方に注意です。

クラッチの扱いがうまい方だと10年近くもつ方もいます。

Page TOP